読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の本音

ただ、俺の本音を書くブログ

ブログ移転

はてなブログは広告が多く閲覧の際、目障りとなるため、広告が少ない以下へ移転。

http://www.orehon.com/

広告を非表示にする

大統領が一企業を攻撃するのは許されない

トランプ大統領が高級百貨店ノードストロムが娘イバンカの名前を掲げたファッションブランドの販売を中止したことについてTwitterで抗議のツイートを投稿した。大統領が一企業を攻撃するのは異例中の異例だという。

こんなに器の小さい大統領を見たことが無い。そもそも娘のブランドの製造国は中国というのはもはや笑い話にしかならない。貿易赤字が増えちゃうではないか。

百貨店も「中国製造のためアメリカファーストのため断腸の思いで販売の中止を決定した」と発表でもすれば良かったのに。

性犯罪者にもっと厳しい対応を

少なくとも168人の男の子にわいせつな行為をして、ビデオを交換していたとして複数のグループを逮捕したという。

女の子へのわいせつな行為をする馬鹿者のニュースをたまに目にするが、男の子へのわいせつな行為とはあまり見たことが無い。しかも人数が尋常で無い多さだ。

犯罪を犯した馬鹿者の男の大人たちには、厳罰を与えるのは当然のこと、性犯罪者にはGPSの取り付け義務やインターネットで犯罪履歴の公開を求めたい。被害者への人権が重視される日本。さらに被害者を出さないための仕組み、まじめな国民の人権を尊重する日本になって欲しい。

このような議論をしようものなら人権団体が必ず抗議をするだろう。その団体で活動している人に聞きたい。もしあなたの家族が性犯罪者に犯される事があっても同じ事を言えるだろうか。もしあなた自身が被害者になっても同じ事が言えるだろうか。犯人を更正させたいと本気で思うだろうか。

俺はもし家族がそのような被害にあったならば命をかけてでも犯人を追い詰め同じ思いをさせてやろうと思うだろう。目には目を歯には歯を。俺は決して悪いことではないという考えだ。

大雪に注意

明日から週末にかけ、西日本で大雪に警戒が必要となるようだ。市街地でも積もる可能性があるというから車を運転する必要がある人はじゅうぶんに気を付けたい。必要が無いのなら運転をしばらく避けるのが正解だろう。

広告を非表示にする

慣れというものは怖い

福島第一原発2号機の放射線量が前回の530シーベルトから今回は650シーベルトと一気に数値が上がった。とんでもない数値だが慣れとは怖いものだ。この数値や今の状況に対してコメントするニュースはほぼない。

東京電力はどのように対応しようとするのだろうか。事故の原因は東京電力原発を推し進めた国にあるというのが一般的な理解だが、利益を享受してきたのは電力会社である。

こうなることのリスクを含めた利益だったと考えるべきであり事故が起きた今、東京電力のすべての利益をつぎ込んででも対応すべきでる。

他の電力会社も対岸の火事のように見ている場合ではない。原発のリスクを理解し早期に決断すべき時に来ているのではないだろうか。事故が起きてから国におんぶに抱っこをすればいいと思っている節はないだろうか。そんな事は決して許されるはずはない。

国民として全国の電力会社が何を考え何をしているかしっかり見ていきたい。

交通事故の、確率を限りなく0に近づける努力を続けるべきだ

草加市で赤信号を無視したダンプカーが歩道を歩く30代の母親と1歳の子どもを巻き込む事故が発生した。母親は子どもを守ったと見られ即死だったが子どもは軽傷だという。

赤信号を無視したダンプカーの、運転手にいかなる理由があったかは現時点で未確認だがルール無視、無謀な運転は厳罰を与えるのは当然とし不可抗力な事故被害をいかに最小限に抑えるかが求められている。

日本では年々交通事故死亡者が減少しているが、高齢者の事故が増加している。人口比率の上昇とともに当然な面がある一方、高齢者特有な事故が増えていることも事実だ。

スマホの普及や無線機器の技術進歩を交通基盤に取り入れない手はない。これまでは交通ルールやガードレールなどの整備を進めてきたがIoTを用いた対策が急務だ。

アクセルとブレーキなの踏み間違えの帽子、一般道で制限速度を大幅に超過した運転、信号無視の防止などすぐに解決できるだろう。各信号機に監視カメラをつけることも簡単だろう。

事故を未然に防ぐ小さな積み重ねが大きな成果を生むことになり被害者を一人でも減らせるだろう。

独裁者による支配を許してはならない

トランプ大統領の暴れっぷりが止まらない。グローバル化した今の時代では理解できない部分も多いが、本来のアメリカ、本来の人間、独裁者にとってはこの思考は至極自然なのかもしれない。

自国優先を唱え内向きな政策を優先し過ぎると良い未来はない。建前と本音を使い分けるのが大切だろう。

イギリスのEU離脱、アメリカの本心が剥き出しになった2016年。2017年、他の国へ伝染しないかが懸念される。

日本も本来その気質を持った国だ。今のアメリカを見てチャンスと思う指導者が出ないとも限らない。国民としてはじゅうぶんに注視しなければならないだろう。

明日、ゴルフで安倍総理との相性をはかるとするトランプ大統領。結果が注目される。